不妊治療をはじめた最初のきっかけ

こんにちは。「コウノトリのお散歩」代表の髙橋薫です。

 

理想の家族像。

結婚して、二年くらいしたら子どもが2人か3人できて、ワイワイ賑やかな笑いの絶えない家庭を作る。そんなイメージを持っていました。

子どもができたら会社を辞めようかな、それとも続けようかな?なんてワクワク考えていたっけ。

 

結婚すると、「子どもはまだ?」「早く産まないとね」などと、よく言われるようになります。笑いながらのらりくらり返していたけど、正直スーパーめんどくさかったことを覚えています。

あの時「うるせーなー( `ー´)ノ」って言えていたらなって思いますよ。

 

ある時、こんなことを知りました。
『 結婚して2年以上経っても子どもができない場合には「不妊症」を疑いましょう 』

「子どもはまだ?」という質問や、2年以内に子どもができないと不妊症だよ。こんなことにも「なんだよ、それ!」って気にすることなんかなかったよ、と今なら思う。

 

根拠のないウワサ話程度の言葉や情報に惑わされ、深く考えずになんとなく婦人科に行きました。行ってしまったのですよ。

これが、不妊治療に足を踏み入れていったきっかけでした。

個人セッションへお気軽にお申し込みくださいね。

個人セッション

シェア大歓迎です!

個人セッション

コウノトリのお散歩 個人セッション
最強!幸せ!妊活コーチング

妊活中の脳の動かし方を変え、メンタルのズレを調整し、ググーッと妊娠を引き寄せます。これが「コウノトリのお散歩」メソッドである新しい妊活です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA